『ZEH』の定義「強化外皮基準」とは

『ZEH』の判断基準として、4つの定義が設けられていますが、そのひとつに強化外皮基準というものがあります。強化外皮基準とは、外皮(熱的境界にある外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなど)の断熱性能の基準のことです。

『ZEH』基準のUA値、鹿児島は0.6

「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいかを表す数値」である外皮平均熱貫流率(UA値)。各地域ごとに値がさだめられていて、鹿児島は、「省エネ基準」では0.87であるのに対し、「『ZEH』基準」では0.6に設定されています。

値が低ければ低いほど、熱が逃げにくくなる = 断熱性能が高いことになります。

省エネ基準よりワンランク上の外皮性能を達成しなければ、『ZEH』とはいえません。エネルギーを極力必要としない住宅を目指すために「強化外皮基準」はあるのです。

 

via:Trinasolar

via:ゼロエネ住宅を建てよう