ふれあい防災教室

今週は大きな災害が2つもありました。4日の台風21号は、近畿地方を中心に大きな被害をもたらしました。6日に起こった最大震度7の北海道胆振東部地震では、道内のすべての火力発電所が停止し、約295万戸が長時間停電にみまわれました。今年は例年にも増して、全国各地で自然災害が起こり、多くの方が被害に遭われています。災害に遭われた方々が一日も早く、日常生活に戻れるよう祈っております。

今だからこそ防災を学ぼう!

いつどこで自然災害が起こるかわかりません。台風・地震・ゲリラ豪雨・火山噴火…。いざという時にパニックにならないように、慌てずに行動がとれるように、防災意識や知識を家族で共有することが大切だと思います。

姶良市平松にある鹿児島県防災研修センターでは、毎月1回「ふれあい防災教室」が開催されています。9月は16日(日)に行われ、テーマは「大丈夫?家具の配置と固定の工夫」となっています。

災害は、いつ自分の身に降りかかるかわかりません。今だからこそ、自分事として自然災害を捉え、もしもの時に使える防災知識を学んでみてはいかがですか?

via:鹿児島県防災研修センター