テクノストラクチャーのZEH

夢のマイホーム、建てる時に優先することは何ですか?もしかすると、住む土地によっても、その優先順位は変わってくるかもしれません。

わたしたちが生活している鹿児島の特徴の1つに、台風の影響を受けやすい、ということが挙げられます。昨年の9月、九州南部に接近・上陸した台風は3つ。

台風が接近したら…

台風の影響による停電を経験している方は多いかと思います。雨戸を閉めて真っ暗なうえ、電気がつかない状況は、不安で不便です。そんな時、蓄電システムを搭載しているZEHであれば、最低限の電気は確保できるので、不安な時間、不便な時間は少なくてすみます。また、台風時、強風などによる家の倒壊も避けなければなりません。耐久性に優れているという点も大切ですよね。

今年は地震も…

鹿児島市では、7月11日に震度5強、8月24日に震度4の錦江湾を震源とした地震が発生しています。いつ、どこで起こるかわからない地震。やはり、耐震性という項目も外せないのではないかと。

耐震性に優れた工法…テクノストラクチャー

木造住宅の良さを生かしながら、構造の要となる梁を鉄で強化した、パナソニック独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」。地震に強い住宅は、今の鹿児島には心強いですね。

エネルギー効率の良い住宅「ZEH」と耐震性の高い「テクノストラクチャー」。

今、鹿児島で求められている住宅は、「テクノストラクチャーのZEH」かもしれません。

via:国土交通省 気象庁

via:tenki.jp

via:Panasonic