ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを活用したレジリエンス強化事業

経済産業省は3月5日、2019年度から新設を予定している「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを活用したレジリエンス強化事業」についての内容を明らかにしました。ちなみに、レジリエンスとは、一般的に「(困難に)負けない」という意味ですが、ここ数年、レジリエンスは日本語の「防災力」と同義語的に使われるようになっています。

レジリエンス強化型のZEH+に最大215万円補助

新設予定の「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを活用したレジリエンス強化事業」の補助制度の交付要件と補助額をざっくり説明します。

基本要件は、『ZEH』より高い外皮性能やHEMS活用など一定の条件を満たすZEH+の条件を満たす住宅になります。

必須の追加要件は、停電時に使用可能なコンセントを3箇所以上設置すること、そのうち少なくとも1箇所は主たる居室に設置することと記してあります。

(ここまでの要件を満たすと補助額は125万円とのことです)

選択できる追加要件は、4kWh以上の蓄電容量のある蓄電システム(2万円 / kWh、上限30万円または補助対象経費の1/3)と、停電時に40度以上のお湯を<60L×人数分>確保できる太陽熱利用システム(液体式:集熱パネル4㎡で17万円、6㎡で20万円、空気式:60万円)となっています。

いずれも2019年度予算成立が前提となりますが、大規模停電でも生活が続けられる災害に強い住宅の整備について補助金が出るということを、少し頭の片隅に入れていただければいいかなと思います。

 

via:経済産業省 資源エネルギー庁

via:新建ハウジング

via:住宅産業新聞社