日当たり問題で発電量が不安な方に

太陽光発電の設置を検討する際、日当たりがあまり良くないから付けるのを躊躇する方は少なくないと思います。今回紹介するのは、販売店に相談した時「シミュレーションの30%減はみてほしい」と言われたご家族の例です。

鉄塔の陰でマイナス30%覚悟していたが

このご家族のおうちでは、パナソニックの太陽光発電システム HIT 244α / 4.14kwを搭載し、太陽光パネルは南側に17枚設置したとのことです。おうちの前には携帯電話の基地局である鉄塔があったので、「陰の影響で十分発電できないのでは」という不安がありました。

上記のように、販売店から発電量の減少は覚悟してほしいとの言葉もあり、マイナス30%減は覚悟していたそうですが、結果はシミュレーション比96%を達成。予想をはるかに超える結果でした。

おうちが陰になってしまい光が弱い状態でも、効率的に発電できる太陽光発電システムを設置することによって、予想以上の発電量を得られることもあります。

太陽光発電システムの設置を検討されている方は、販売店や専門家に相談することはもちろん、実際に設置したご家庭の中で、自分の状況に近い方のお話を聞くことも、我が家に最適なシステムを探す参考になると思います。

via:Panasonic