電気をたくわえ、上手につかう

電気をたくわえることができ、必要に応じてその電気をつかえる「蓄電システム」。繰り返して充電できて、家庭内の電気機器に電気を供給します。

太陽光発電などの再生可能エネルギーで電気をつくることが求められる『ZEH』。再生可能エネルギーの弱点をひとつ挙げるとすれば、電気をつかいたい時に必ずつかえるとは限らないということです。その弱点を補うのが蓄電システムになります。

蓄電システムの役割

蓄電システムと太陽光などの発電システムを兼ね備えることで、日中に電気をつくり、その電気の一部を蓄電池にたくわえることができます。発電が行われない時は、たくわえた電気を取り出して利用することが可能です。

また、電気代の安い夜間プランの時間帯に電気をたくわえ、このたくわえた電気を日中から夕方の時間帯に利用して、日々の電気代を節約することもできます。

停電時でも電気がつかえることから、非常用の電源としてもおおいに活用できます。照明の使用やテレビでの情報収集、冷蔵庫の使用、炊飯器でご飯を炊いたり、電気ケトルでお湯を沸かしたり、携帯電話やスマートフォンの充電など必要最低限の電気を確保することができます。「蓄電容量」と「出力」の大きいタイプの蓄電システムを取り入れるとエアコンの使用も可能になるでしょう。

 

電気をたくわえ、上手につかう。蓄電システムは、これからの暮らしの必需品になるかもしれません。

via:エネルギープレス

via:Panasonic