ZEH+(ゼッチプラス)とは?

自宅でエネルギーを創って使う、年間の消費エネルギー量をゼロ以下にするZEH。
ここからさらに省エネ住宅の普及を進めるべく、今、「ZEH+(ゼッチプラス)」という言葉が出てきています。

「ZEH+」とは?

これまでの「上位 ZEH」と呼ばれていた住宅を「ZEH+」と新たに定義しているようです。今まで25%程度だった電気の自家消費率を60%まで拡大しようとの目標があることから「自家消費型 ZEH」とも呼ばれています。

「ZEH+」3つの柱

従来の ZEH から、さらに省エネを推進していく方針のようです。

① 更なる高断熱

②高度なエネルギーのマネジメント…「ECHONET Lite(エコーネット ライト) 認証」「AIF 認証」取得の HEMSを使用。

③電気自動車との連携… EVコンセントの設置。

のうち、2つの条件を満たすことが必要とのことです。

補助金は?

2018年度「ZEH」は、一戸あたり70万円。

「ZEH+」では、一戸あたり115万円の補助をする支援事業を創設するとのことです。

 

今まで、経済産業省だけで行ってきたZEH事業。

2018年度からは経済産業省に加え、環境省、国土交通省の三省で分担して行います。

また、ZEHに関して、今後いろんな変化が起こってくるかもしれませんね。

 

via:Juutama Project