ZEH Oriented とは?

平成30年度の ZEH 支援事業で新たな概念の ZEH が追加されました。
その中で、わたしが気になった「ZEH Oriented」。

ZEH はざっくり言うと、「創るエネルギーと使うエネルギーの収支が正味ゼロ、または、創るエネルギーの方が上回る住宅」。
Oriented は「方向づけられた」とか「〜指向、〜を重視した」などの意味。

だったら、「ZEH Oriented」 は、ZEH 指向 !?っていうことですかね。

ZEH シリーズ

平成30年度のZEH支援事業の一部が明らかになっています。
以前から定義づけられていた「ZEH」と「Nearly ZEH」。
それに、「ZEH+」と「Nearly ZEH+」、「ZEH Oriented」が加わりました。

様々な地域・環境を考慮してのことだと思いますが、「どのZEHがどの基準だっけ」と新たな概念が加わることによって、少しわかりにくくなったように個人的には感じます。

ZEH Oriented とは?

「従来のZEH」は、太陽光発電など再生可能エネルギーの搭載が必須でしたが、
「ZEH Oriented 」 ではそれを求めていません。都市部の狭小地に建設される平屋以外の住宅が対象となります。

ZEH の要件に柔軟性を持たせることで、補助の申請がしやすいようにしたいという考えがあると言われています。

今年度の ZEH 支援事業のすべてが明らかになったわけではないので、まだ追加される内容があるかもしれません。
家を建てる際に ZEH を視野に入れている方は、この動向を少し追っかけた方がいいかもしれませんね。

via:ダンネツコラボ.COM