しめくくり

2016年の最後のブログです。

 

今年はどんな年だったでしょうか?

 

 

私にとってはすごく早く過ぎた1年でした。

 

以前もお伝えしましたが、私、年男の本厄といういかにも何か起きそうな年でしたが、親知らずを抜いたこと以外は、私自身には特に何も起きませんでした。

 

いわゆる穏やかな1年でした。笑

 

来年は後厄ということで、引き続き気を引き締めて過ごしたいと思います。

 

 

 

さて、タマルハウスでも今年のしめくくりとして、年末にかけて事務所と倉庫の大掃除を行いましたが、みなさんも大掃除は終わりましたか?

 

年末に当たり前のように行う大掃除ですが、なぜ年末に大掃除を行うか知っていますか?

 

 

大掃除という言葉が生まれたのは平安時代だそうです。

 

その頃年末には正月に神様を迎えるための準備として煤払いを行っており、これが今の大掃除の起源だと言われています。

 

学校などで笹のついた竹でほこりや汚れを落とす光景が思い浮かぶかと思いますが、それがまさしく煤払いですね。

 

 

ちなみに大掃除の後に松飾を飾りますが、これは神様が訪ねてくださるときの目印という意味があるそうです。

 

 

私も初めて知りました。笑

 

 

 

毎年何気なく行っていることですが、改めて意味や由来を調べてみると、新しい発見があってとても勉強になりますね!

 

 

今年もあと4時間ちょっと。

 

 

みなさん、よいお年をお迎えください!

 

 

本日もありがとうございました!