健康のことを考えた家づくり

皆さんは、家を建てた先の人生を健康に楽しく過ごしたいと思いますか?

もちろん思いますよね(^^

私もそうです!

ところで、健康をうたった家づくりっていろんなところで見聞きしますが、

どれも違ってどれも良さそうですよね・・・(´・ω・)

例えば、無垢材や天然素材を使った家づくり。

例えば、高断熱高気密の家づくり。

などなど。

ここでは、ズバリ今!タマルハウスで取り組んでいる【健康寿命延伸住宅】という家づくりを少しだけご紹介します(^^)/

【健康寿命延伸住宅】とは、

くらしの環境を整えながら、家族の健康の管理ができて、

さらには、離れて暮らす家族にも見守られている安心な住まい。

パナソニックの家づくりと「安診ヘルスケア」という健康管理システムの融合した、

家族の健康を見守り、家の中の環境をコントロールしてくれる少し先の住まいなんです。

 

①健康管理:体調を正しく把握するために、毎日の体温や脈拍などの収集データから、AIが正常時と異常時の違いをキャッチし管理してくれる。

②快適空間:室内の温度や湿度の環境が適切に保たれた住宅性能。

③見守り:家族が離れていても、健康状態を知ってもらえる安心な仕組み。

 

文字にすると、少し伝わりづらいですが、住む方の健康を第一に考えた家づくり!

実は、棟数に限定はあるのですが、最大で100万円の補助金も貰えるお得な情報もあるんです!

気になる方は、ぜひタマルハウスのスタッフにお問い合わせください(^^)/