HEMSでエネルギーの見える化と制御

HEMSは、「Home Energy Management Syetem」の頭文字を取ってできた言葉です。ZEHには必須のHEMS。HEMSの役割は大きくわけると2つあります。「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」です。

HEMSの長所・メリット

「つかうエネルギー」が「つくるエネルギー」より少なくなって実現するZEH。ZEHにするには、年間の「つかうエネルギー」をどれだけ削減できるかが鍵になってきます。

「つかうエネルギー」を減らすには、どの機器でどのくらいエネルギーをつかっているのかを知る必要があります。ここで「エネルギーの見える化」「エネルギーの制御」ができるHEMSが活躍するのです。

例えば、HEMSを活用することで、太陽光発電の余剰電力でエコキュートを賢く沸き増しできたり、エアコンで省エネ温度に自動制御できたり、エアコンの消し忘れを知らせてくれたり、照明を自動減光して自動的に節電できたりします。

エネルギーの見える化やエネルギーの自動制御のほかにHEMSの長所・メリットを挙げてみると、電力だけでなく「ガスや水道、電気自動車との連携が可能」であることや、数字としてでてくるので「節電や省エネへのモチベーション」が上がったり、「こどもも楽しみながら省エネ」に取り組めたり、電力需要の「ピークカット」(電力の使用を控えることや省エネ機器・再生可能エネルギー機器を用いることで、電力の使用量そのものを低減させる取り組み)や「ピークシフト」(電力の使用や電力需要がピークに達する時間帯から、夜間や休日など緩慢な時間帯に移行させること)が容易になることなどがあります。

また最近は、「HEMSとAI」「HEMSとIoT」などの話題も多くなっており、HEMSがこれからの住宅にはかかせない存在になってくると思われます。

via:蓄電池.net

via:Panasonic