IoT住宅とHEMS

家庭での一次エネルギー消費量を正味ゼロとする省エネ・創エネのすまい「ZEH(Net Zero Energy House)」 。その要件のひとつに、家庭で使うエネルギーを節約する管理システム「HEMS(Home Energy Management System)」があります。

10月22日(月)に販売予定となっているパナソニックのスマートHEMS「AiSEG2(アイセグ2)」は、さまざまな家電製品や住宅設備と連携可能なようです。

スマートHEMS「AiSEG2」

「AiSEG2」の特徴のひとつとして取り上げられるのが、スマートスピーカーの連携機能を搭載していること。つながる機器数は「Google アシスタント」搭載スマートスピーカーを含む20社33機器。

パナソニック製品のみかと思いきや、エアコンに関して言うと、シャープ・ダイキン・富士通ゼネラル・三菱電機の対応製品でも連携できるとか。

HEMSを活用したIoT(モノのインターネット)住宅は、太陽光発電システムや蓄電システム、エアコン等、さまざまな住宅機器や家電製品がインターネットでつながることで新しいサービスが生まれ、より快適な新しいライフスタイルが広がっていきます。

IoT住宅とHEMSは、切っても切り離せない関係になりつつあります。今後の住宅、私たちの生活の中で欠かせないもの、当たり前のものになっていくのかもしれません。

via:BCN+R