折り紙で紫陽花を作ってみた

梅雨らしい天気が続いた中、今日は久々の晴れ間ヾ(*´∀`*)ノ

かと思えば夜にはかなりの大雨…

中々に不安定な空模様ですね(´・ω・)

 

さて梅雨といえば、やっぱり紫陽花!

ということで今回は紫陽花を作ってみましたヘ(゚∀゚ヘ)

パーツの数が結構多くて時間がかかった…(´・ω・`)

葉が4個、花が16個、内部の底上げに1個、合計で21個のパーツで出来ております。

糊付けしなくても大丈夫だそうなのですが、上手く形が作れてないのか、全体的にガタガタになっちゃいましたorz

でも、それなりに立体感は出たし、何より葉っぱは上手くいったと思ってます(゚∀゚)

 

ちなみに当たり前のように「花」と書きましたが、花のように見える部分って、実は花じゃないのはご存知でしょうか?

紫陽花の花はもっと小さくて、パッと見で花のように見える部分は「がく」と呼ぶんだとか。

葉が変化したものなんだそうで…何ともキレイな色をした葉ですよねぇΣ(゚Д゚)

 

それでは、本日も最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。