Category header bg 01

たまるログ

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは?

スタッフブログ

最近テレビで、

「Bean to Bar(ビーントゥバー)」なるものが取り上げられていました。

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、チョコレートの製法のことらしく、

「豆からバー(板状)になるまで」という意味だそうです。

 

今までは、お菓子屋さんで売っているチョコレート菓子というのは

チョコレートのかたまりであるクーベルチュールを輸入して、

それを溶かして作られていました。

 

それに対しBean to Bar(ビーントゥバー)は、

クーベルチュールよりも前段階のところから作り始めることで、

具体的にはカカオを買付けするところから始め、

カカオ豆の焙煎し挽いてチョコレートを作ることだそうです。

焙煎の仕方、挽き方によっても味わいが変わり、もちろん豆の産地によっても味が違うということで、

アメリカやヨーロッパなどでブームを巻き起こし、日本でも近年ブームとなってきているんだとか。

 

で、これを個人でもできるというキットが取り上げられていました。

 

20160107020309

20160108081820

 

チョコレートが大好きな私としては、ぜひ豆からこだわりのチョコレートを作ってみたい!

と思わせる商品でした。

 

最近、国産のカカオを使ったチョコレートの製品化に初めて成功した、味も美味しい、

というニュースも出てましたので、国産のカカオを使った

Bean to Bar(ビーントゥバー)というのも、出てくるんじゃないでしょうか。

今後が楽しみです♪

一覧へ戻る